5th フィフス株式会社

長谷川崇の現場ブログ

中小企業のデーター活用【ブログ記事】

Web活用では、データーを活かすことが求められる、そのように感じます。
特に中小企業でその必要性が高いと思うのですが、
その背景として、

◎データーを活かしたWeb活用で競合他社と差を付けられる
 多くの中小企業がデーターを気にしていないという現状

◎使える費用に限度がある中で、効率的な運用を目指す
 効果が出やすい手法や媒体に集中する

という2点が思い浮かびます。
それぞれ少し詳しくブログ記事にしながら、内容を提案させて頂きますね。

◎データーを活かしたWeb活用で競合他社と差を付けられる
多くの中小企業がデーターを気にしていない、という現状を捉えましょう。

表現は良くないかもしれませんが、中小企業のほとんどでWeb活用は「仕掛けっぱなし」の状況です。
Webサイトを作ったら、そのまま放置。細かなデーター変化を気にせず、お問合せメールの有無や、採用広告にあわせたセッション数の増加、といった結果ばかりを気にしている状況と言えるかもしれません。

一方で、データーを見ながら問題点を探したり、仮説の検証を毎日のように行っていると、データーの変化に敏感になります。変化の原因を特定できたり、自分たちの仕掛けの結果の善し悪しが翌日には見えてきます。

競合他社と差をつけたいと考えるのは、マーケティング思想で言うと当然のことですよね。
差をつけるために、他社が行っていないことに取り組んでみる。差別化戦略まで及ばずとも、他社と違う視点を持つ目的でデーター活用に取り組んでみてはいかがでしょう?


◎使える費用に限度がある中で、効率的な運用を目指す
効果が出やすい手法や媒体に集中できる

Google AdWordsやYahoo!プロモーション広告にチャレンジしている方が多いと思いますので、この項目では広告媒体を例にしたいと思います。Yahoo!プロモーション広告のWebサイトには、「効果が出やすいのは、10万円から」という宣伝文句が高々と書かれていますので、少々ハードルが高いように感じますが、データーを活用することで数万円の投資でも効果を獲得できると思います。

・短期的に大量キーワードと細分化した広告でデーターを収集

1週間や2週間の単位で、大量のキーワードを広告に設定。キーワードごとにカテゴライズし、カテゴリに沿った広告文章を作ります。最初の広告投資は短期的に、クリック率やページ/滞在時間をチェック、効果のありそうなカテゴリに当たりをつけます。【作業が大変そうだ・・・と感じたら、Googleに電話相談しましょう。担当者が丁寧に対応してくれます。】

スピーディーにデーターを集め、次のアクションのヒントにする。
少ないデーターであっても、得られた大切な結果を活かして分析、次のアクションに活かすこと。使える費用に限度がある中で効率的な運用を目指すために必要なことだと感じます。


Web活用は継続性が求められます。
継続するためには、検証しながら精度を上げることが大事だと思うのです。

Webサイトから得られるデーターを活用し、施策を検証・改善・継続すること。デジタルマーケティング時代にもとめられる理想的な形の一つだと思います。

Posted at:2015.2. 4

月別記事一覧

最近の画像

  • Update.jpg
  • design2.jpg
  • website.jpg
  • contents2.jpg
  • 120504_2.jpg
  • 120421_nagano02.jpg
  • 120421_nagano.jpg
  • DSC_7837.jpg
  • DSC_7610.jpg
  • 120115_2.jpg
  • Webサイト制作へ

    <マーケティングファースト>ユーザーにとって最適な状態を目指して常に改善を続ける

  • 目的達成まで一緒にサポート

    Webサイトは完成してからが大事。ワンストップで複数のソリューションをご提案

  • Webの学校へ

    企業にとって、理想のWeb担当者とは?