Webの学校

  • google+
  • facebook
  • twitter

公開講座・動画集・マーケティングセミナー

求められるWebクリエイターの形

企業から求められるWebクリエイターに。

 

販売強化策や自社のイメージ向上、既存顧客のリピート獲得など、

売上を伸ばすことからブランド構築まで、

アイデアをいつも探している企業。

そして、これらのことを実現するためにWeb活用は欠かせない手段となっており、

Webクリエイターの存在の重要性は、解決・実現に向けた企業にとって日々増していると言えます。

「イメージを形にするテクニック」「経営者のコンセプトを具体化できるスキル」をもつ

Webクリエイターは、企業から求め続けられる存在となるはずです。

 

コンセプトを具体化できないのが、“経営者の悩み”

 

経営者のほとんどは、「こうすれば売れる」「こうすれば想いを実現できる」

ということを日々考え続けています。

そして、社内の人材や外部を活用してその想いを実現に向かわせます。

しかし、この実現までのプロセスがうまく進まないことも少なくありません。

特に小さな会社においては、

1から10まで経営者自身が取り組まなくてはいけないのが現状で、

“手が回らない”“自分が苦手な分野を後回しにしてしまう”という現象が起きています。

中規模の会社であっても、

経営者のイメージを共有できずに間違った方向にプロジェクトが向いてしまったり、

想いを具体化できないことによって指示が曖昧で何も動かないということが多発しています。

 

想いの実現するのに欠けている人材とは?

考えるクリエイター。

これこそ、中小企業に欠けている人材です。

経営者の想いを聞いて、実現プロセスを生み出し制作物を通して実現に近づける存在が

欠けているのです。

販売プランやイメージ向上などの主要課題を実現するためには、

Web活用は避けて通れなくなっており、

考えるWebクリエイターこそが中小企業の課題を解決できる存在だとWebの学校は考えます。

 

これまで、企業で優先された人材は、「営業」「経理」「事務方」といった

およそクリエイターとはかけ離れた人材でした。

これからの時代にWebの重要性が増せば増すほど、

Webクリエイターができることは経営者にとって助けとなり、

想いの実現に近づく重要な手段となるはずです。

 

経営者が考える販売プランに必要なWeb活用を見つけ、スピーディーに形にすること。

企業のイメージを具体的なデザインに落とし込み、課題解決のきっかけを作ること。

考えるWebクリエイターこそ、

経営者が想いを実現するために必要な人材です。

 

 

考えるWebクリエイターとは?

 

従来の制作スタイルは、ディレクターが打合せと進行(時間・品質)を管理し、

クリエイターは、影武者のような存在であったと感じています。

一方、中小企業と相性がいいのは、

形にするテクニックと経営者の想いを引き出すスキルを持った人材。

従来の制作スタイルは、中小企業にとってミスマッチであった、

と言い換えることができると思います。

(従来のスタイルでは、二人分の人件費がかかり、中小企業にとってはコスト高なのです。)

 

Webの学校を運営するフィフス株式会社の長谷川(私)も、

Webコンサルタント(ディレクターのような立場)として中小企業に関わって参りましたが、

仕事をすすめるうちに、形にするスキルを増やしていかざるを得ませんでした。

文章を書くスキル、コピーライティングのスキル、写真撮影のスキル、

デザインのスキル、Webページコーディングのスキル…

効果が見えにくい制作への投資を控える傾向のある中小企業においては、

オールマイティーなスキルが必要になりました。

私はもともとクリエイターではなかったので、

「考えるクリエイター」と言えるまでにスキルを伸ばすことはできませんでしたが、

私が得意とする「経営者の想いを引き出し、整理し、形にするスキル」を

クリエイターの方にお伝えすることが出来れば、

考えるクリエイターが増え、中小企業のニーズにマッチするであろうと考えるようになりました。

 

制作会社様(Webクリエイター)向けプログラムはこちらでご案内しています。

 

2012.10.3.Wed
学校へのお問合せ